スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)

 11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に備え、警視庁は5日、「第1回APEC警備対策委員会」などを開催した。同日付で着任した岩瀬充明副総監は「東京が主戦場の一部で、北海道・洞爺湖サミット以上に厳しい警備となる」と訓示した。
 岩瀬副総監は「国際テロの脅威は高く、国際会議では反グローバリズム勢力が会場周辺で大規模デモをし、暴徒化の現象がみられる」と指摘。「事前の対策が成否に直結する」として、各部の緊密な連携や、交通規制に協力が得られるような情報発信、機動隊の実践的訓練の重要性を挙げた。 

【関連ニュース】
手配写真を更新=日本赤軍メンバー
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC

警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ(時事通信)
70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
<雑記帳>始球式でバッテリー 神奈川知事と横浜市長(毎日新聞)
大阪府議会 橋下知事支持の22人が新会派(毎日新聞)
片山さつき氏参院選出馬へ…条件は自民「シャッキリして」(スポーツ報知)

<貨物船衝突>1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡(毎日新聞)

 徳島海上保安部に入った情報によると、28日午前0時15分ごろ、徳島県と兵庫県・淡路島に架かる大鳴門橋直下の鳴門海峡で、貨物船「日進丸」(199トン)と、マーシャルアイランド船籍の貨物船「OUTSAILING9」(2926トン)が衝突。日進丸は沈没し、乗組員4人のうち一等航海士の千原伸也さん(36)=熊本県上天草市=と、機関長の堀金幸治さん(59)=愛媛県松山市=が行方不明になった。他の2人は相手の船に救助されたという。

【関連ニュース】
海難審判:明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決
海難事故:台湾漁船機関長、金華山沖で不明 海保きょう捜索
漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ
ボート転覆:不明の自衛官、遺体で発見 北海道苫小牧
イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む

7月11日投開票=滋賀知事選(時事通信)
改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
郵貯限度額、修正可能=仙谷担当相(時事通信)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
雑記帳 発車ベルが球団歌に 楽天のホーム球場最寄り駅(毎日新聞)

足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)

 犯人特定に高い信用性を誇っていたはずのDNA型鑑定が誤っていたことで再審無罪となった足利事件。誤った鑑定が結果的には虚偽の自白をも引き出したという当時の問題点が次々に浮かび上がる中で、裁判所は、証拠について、より広範かつ慎重な検討を重ねるようになり始めた。足利事件の影響は再審請求を中心に広がっている。

 昭和38年に埼玉県狭山市で女子高生が殺害された「狭山事件」の第3次再審請求審で東京高裁は昨年12月、検察側に対し警察の捜査メモや犯行時間帯の目撃証拠などの開示を勧告した。弁護団が当初から開示を求めてきたもので、昭和52年の第1次再審請求から30年以上を経て、狭山事件では初めての勧告だった。

 狭山事件は足利事件などと同様、自白が有力な証拠となった。ただ、自白偏重の捜査による冤罪事件が相次ぐ中で、かつては“証拠の王様”といわれた自白について、その信用性や任意性を支える証拠の重要性が見直されている。狭山事件での勧告はその流れを示すものといえる。

 神奈川県三浦市で昭和46年に一家3人が殺害された「三崎事件」の再審請求審では、死刑確定の唯一の物証で、被害者のものとされた血痕のDNA型鑑定が行われることになった。昨年した元死刑囚はこの血痕を一貫して自身のものと主張してきたが、当時の警察の血液鑑定では「被害者と一致した」とされ、裁判でも認められた。

 ただ、足利事件で無罪のきっかけとなった再鑑定にみるように、現在のDNA型鑑定が正しく運用されれば、時間を経た血液などでも、保存状態次第では精度の高い結果が得られる可能性がある。このため、裁判所はできうる限りの検討をするため、鑑定を決めたとみられる。

 あるベテラン裁判官は、慎重になりつつある証拠検討について「有罪、無罪の結論にかかわらず、検察や弁護側、一般国民に向けて納得のいく結論を導き出すため、できる限りの証拠を精査していこうという意識が裁判官の間に広がっているのではないか」と指摘している。

【関連記事】
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決
足利再審判決後に市民集会 「無罪判決を祝いたい」
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利事件 誤判原因は解明されたのか
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現

無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)
<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
保護者と性的関係 江戸川区立小の校長更迭、懲戒へ(産経新聞)
携帯注意され線路に突き落とす(スポーツ報知)
人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)

<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)

 法人税法違反(脱税)で懲役2年の実刑が確定、服役中だった中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の水谷功元会長(65)が24日、刑期満了を前に三重刑務所(津市)から仮釈放された。08年5月に収監されていた。

 同社は、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」に、元私設秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)=同法違反で起訴=らを通じて04年10月と05年4月、各5000万円を資金提供したとされる疑惑がある。石川被告は同社からの資金提供を全面否定、保釈条件で同社元幹部らとの接触を禁じられている。

 水谷元会長は午前8時40分ごろ、刑務所前に集まった報道陣の呼びかけに応じず、迎えの車で立ち去った。【福泉亮】

【関連ニュース】
大分コンサル脱税:大光など3社に罰金3億円超求刑
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
脱税:3500万円 容疑で79歳税理士告発 東京国税局
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発

<沖縄米軍ひき逃げ>女性3曹「基地内で飲酒」(毎日新聞)
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)
生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)
【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
強風 壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)

「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)

 高速水着素材の開発で知られる山本化学工業(大阪市)の製品を「がんに効能がある」とうたって販売したとして薬事法違反罪で略式起訴された健康用品販売会社「壮快薬品」(東京都)と同社社長(58)について、京都簡裁が罰金100万円の略式命令を出したことが25日、わかった。命令は24日付。

【関連記事】
「がんに効く」バイオラバーの違法販売で店長らに罰金刑
「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ
バイオラバー「がん効く」逮捕の販社、所在地・社長が山本化学と同じ
がん抑制うたい健康器具を販売 会社を家宅捜査 京都府警
浴槽畳で体ぽかぽか 「バイオラバー」新製品 山本化学工業
あれから、15年 地下鉄サリン事件

抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開(産経新聞)
普天間の継続使用も=有事限定を想定−鳩山首相(時事通信)
民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)

薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 東北初の成立(河北新報)

 薬害C型肝炎東北訴訟で、カルテが残っていない岩手、秋田両県の女性2人と宮城、山形、福島3県の男女5人の計7人が17日、仙台地裁で国と和解したり、被告の製薬会社への請求権を放棄したりして訴訟が終結した。カルテがない原告の和解成立は東北で初めて。

 カルテが残っていなかった2人はともに50代。岩手の女性は1988年に宮城県内の病院で、秋田の女性は秋田県内の病院で、ともに出産時に血液製剤フィブリノゲンを使用されて慢性肝炎になった。訴訟では血液製剤の投与を裏付けるため、当時の担当医と原告本人の証人尋問を実施。当時の診療基準などから、製剤の投与を立証した。

 弁護団は「決定的な証拠になるカルテや具体的記憶がないケースでも、国は投与があったことを認めた。患者救済の道がさらに広がった」と評価した。

 ほかに和解した原告5人(うち1人死亡)は80〜91年、手術や出産時にフィブリノゲンを投与され、慢性肝炎や肝細胞がんを患った。東北訴訟の原告119人のうち、訴訟終結者は86人となった。


駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か−北九州(時事通信)
米国防副次官、グアム移転予算の継続求める(読売新聞)
「エコポイントは私の理論」??? 巨額詐欺事件のL&G元会長(産経新聞)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
<北九州・発砲>工藤会会長宅を捜索 (毎日新聞)

酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)

 奈良西署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、奈良市学園朝日元町、「国保中央病院」(奈良県田原本町)泌尿器科部長の医師、田中洋造容疑者(48)を逮捕した。

 逮捕容疑は13日午前1時ごろ、自宅近くの市道で、酒気帯び運転をしたとしている。

 同署によると、13日午前0時50分ごろ、「駐車中の車を当て逃げされた」と田中容疑者の自宅近くに住む男性から110番通報があり、逃走車のナンバーなどから田中容疑者の乗用車と特定。田中容疑者の呼気から基準値を超えるアルコール濃度が検出され、「自宅で飲みました」と容疑を認めたため逮捕した。

「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
皇太子さま ガーナとケニアから帰国 愛子さま姿見せず(毎日新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
<鳩山首相>政治とカネ「率直に反省」(毎日新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で−自民・舛添氏(時事通信)

絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)

 電気を通さない「絶縁体」の物質に、磁気を使った方法で電気の信号を通すことに、東北大金属材料研究所の斉藤英治教授(物性物理学)らのチームが世界で初めて成功した。IC(集積回路)チップに使う場合、銅線に比べエネルギー消費量が8割軽減するとみられる。今後、革新的な省エネルギー技術の開発につながりそうだ。11日、英科学誌「ネイチャー」で発表した。【奥野敦史】

 金属や半導体に電流を流すと、電子の移動に伴い発熱してエネルギーが失われ、省エネ化の妨げになっていた。斉藤教授らは磁気を生み出す電子の自転「スピン」に着目した。斉藤教授は06年、電子から電子へスピンが伝わる「スピン波」と電流を相互に変換できることを発見。今回はその理論を応用した。

 研究チームはICチップなどに使われる磁石の一種の「磁性ガーネット」という絶縁体を用意。両端に白金(プラチナ)の端子を取り付け片方の端子に電流を流した。すると電流が白金と絶縁体の境界面でスピン波を起こした。スピン波は反対側の白金の端子まで到達し、電流を発生させた。この方法だと電子は移動せず、発熱によるエネルギー損失は激減した。斉藤教授は「パソコンが次第に熱くなるように、電流による発熱は大きなエネルギー損失を起こす。絶縁体を使う信号伝達はこの問題の根本的解決法だ」と話している。

沖縄密約 無利子預金は1億347万ドルとほぼ同額 菅氏(毎日新聞)
金星へ 探査機「あかつき」完成(産経新聞)
第二京阪、20日に全面開通 名神、国道1号の渋滞解消に期待(産経新聞)
救えなかった命…無念抱え 長崎屋火災から20年、元救助隊長が定年(産経新聞)
授業うまいのは?学校と塾の先生が「T―1」(読売新聞)

<エゾバフンウニ>ラッコに3トン食べられて壊滅状態 根室(毎日新聞)

 根室市の歯舞漁協が納沙布岬沿岸に移植放流していたエゾバフンウニ約3トンがラッコに食べられ、壊滅的な被害を受けていることが分かった。被害額は判明分だけで約500万円に達し、同漁協は頭を悩ませている。

 ウニは昨年5月に移植された。たも網漁の初出漁となった今月4日、漁業者が海底に殻の割れたウニが大量に堆積(たいせき)しているのを発見、同漁協がダイバーによる潜水調査を行ったところ、ほぼ全滅していたという。食害は同岬近くの別の2カ所でも確認された。市歴史と自然の資料館が殻などを鑑定し、「割り方からみてラッコによる食害」と断定した。

 同岬沿岸では昨年5月以降、釧路川(釧路市)で人気者になった「クーちゃん」が移りすみ、これを機に年末以降は2〜6頭が生息しているという。ラッコは1日に6〜10キロほど食べ、特にウニやカニなど高価な海産物を好物にしている。

 02年から2〜3頭が生息している襟裳岬沖(日高管内えりも町)でも03年、ウニが壊滅的な食害を受けたことがある。オホーツク海側のウニのたも網漁は昨年度、約2億3000万円の水揚げがあったが、同漁協は「ラッコが居座っているので、資源が少なくなれば漁業者は生活できなくなる。被害額は3000万円以上になるかもしれない」と懸念する。

 ラッコは法律で捕獲が禁止されている。同資料館の近藤憲久・学芸主任は「米国では、漁業海域にラッコが現れた場合、麻酔銃で捕獲し、保護区に放獣する取り組みが行われている。(日本も)共生に向けて対策を講じていかなければならないと思う」と話している。【本間浩昭】

【関連ニュース】
ラッコ:県内で1頭、「トマト」が老衰死−−シーパラダイス /静岡
海響館:ウニの受精など観察 人気コーナー「オープンラボ」 /山口
ラッコ:クーちゃん現れ1年 釧路でイベント、絵画展など開催 /北海道

ドラム缶破裂で、11日に書類送検=廃液処理作業の社員3人−京都府警(時事通信)
橋下知事「北朝鮮はナチスと同じ」 朝鮮学校無償化問題で(産経新聞)
<東京大空襲>朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
文京区長 育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
<NHK>福地会長、辞意を撤回(毎日新聞)

<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)

 鳥取地裁で2日に判決があった鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件の裁判員裁判で、裁判員を務めた30代の会社員男性が毎日新聞の取材に応じた。被害者が2人のため、裁判員裁判で初めて死刑求刑の可能性があったが、求刑は無期懲役。判決も同じだった。男性は「裁判から離れた今、遺族、被告それぞれの立場を考えると胸が締め付けられる」と複雑な心境を吐露した。

 男性は選任前、「不安しかなかった」と振り返る。だが、実際に法廷に出て、報道では知り得なかった証拠や資料などに目を通し、被告や遺族の話を聞いた後は、「『もし死刑が求刑されたら』とかいったん迷いが出たら、裁判員の責務が果たせない」と覚悟ができたという。「被告の立場を理解したうえで、遺族の悲しい気持ちも分かった。でも、それにとらわれすぎると迷いが出る。公判を重ねるうちに、すべてを公平に見ようと思うようになった」と話す。

 延べ3日間の評議では、裁判員同士で量刑に関する疑問などを打ち明け、裁判長に質問するなどしたという。

 裁判終了後、地裁から、心のケアのための相談電話の番号が書かれた紙を渡された。男性は「自分には必要ない」としながらも、「裁判員によっては、1人の生を終わらせてしまうかもしれないことに、恐怖を感じていたかもしれない」と思いやった。【宇多川はるか】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

公明党、執行部に一任 「子ども手当」賛成へ(産経新聞)
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転−大阪府警(時事通信)
リュックの中身は「5年前に死んだ子供の遺体」 建造物侵入容疑で逮捕の男が供述(産経新聞)
白、ピンク…サクラソウ満開 板橋区の小学校(産経新聞)
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
借金整理
無料ホームページ
探偵事務所
クレジットカード現金化 還元率
2ショットチャット
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    カナ (08/27)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/12)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    オリンキー (01/05)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    タンやオ (12/31)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    こういち (12/26)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    ゴンボ (12/18)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    ちょーたん (12/14)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    ちんたまん (12/05)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    機関棒 (11/27)
  • 「官僚と政治家が役割分担」=事務次官らに菅首相訓示(時事通信)
    れもんサワー (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM